旧 祖師谷の小さな本屋さん(移動しました)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【読書論】 選書眼を養う 〜本屋編

<<   作成日時 : 2009/06/23 06:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■本屋に行ってみる
最近、本屋に行った記憶ありますか?

どうやら本屋に行く人の数が年々減っているそうです。本を読む人が減って
いるということもありますが、ネット書店の「amazon」の登場によりワンクリック
で翌日配送!なんてことを言われたら本屋に行くのも面倒になりますよね。

私もamazonをかなり活用していますが、リアルの本屋と使い分けをして
います。本屋の使い分け方法については次回詳しく紹介します!

 結論:
  「本屋に行ってください!」

別に本を買おう!なんて意気込んで行く必要はありません。服を買うときに
ブラブラとウィンドーショッピングするように本屋にもそんな軽い気持ちで
行ってみてください。そして、普段の自分なら絶対に立ち入らないエリアにも
足を踏み込んでください。

■本屋で失敗しない本選び
さて、本屋に行く習慣が出来たという前提で!笑

年間に発行される新刊は「約8万冊(社団法人全国出版協会 出版月報より)」
です。日本最大の書店は蔵書150万冊を誇る、「ジュンク堂 新宿店です。」

この数字からも分かるようにあまりにも多すぎます。笑
自分が本当に欲しい!とか必要としている本を見つけるのは至難の業と言わ
ざるをおえません。

でも、限られたお小遣い。。。失敗はしたくありませんよねえ。ということで、
こんどう流の短時間で面白い本を探す方法です。あくまでも、「短時間」という
のがポイントです。時間がある方は「立ち読み」をすればある程度失敗しない
本選びが出来ると思いますが、150万冊全てを立ち読みすることは出来ませ
んよね!

■帯に込められた想い
なんだかんだ言って人も第一印象が大事!というのと同じで本も第一印象で
結構選べてしまいます。

 1.帯を参考にする

「増版」という言葉を聞いたことありますか?
本は再販制度という本屋が返品できる制度があります。そのため、出版社
もむやみやたらに本を印刷できません。売れそうな部数を刷って、足りなく
なったら追加で印刷します。(これが「増版」です。)

あまり知られていませんが、増版時に本の帯をこまめに変えています。
テレビで紹介されたら「○○で紹介された、あの人の本!」とか、「○○
推薦!」と業界の巨匠などが後押ししたり!?

つまり、帯に書かれている情報が濃ければ濃いほど世の中で支持されて
いる本ということになります!

この帯、デザイン的に面白いモノもありますので見ているだけでも楽しく
なります。そんな帯のデザインがまとまっている一冊がありますので気に
なる方は眺めてみてください!

帯のデザイン (レイアウトスタイルシリーズ (別冊))

ピエ・ブックス
売り上げランキング: 99285


■デザインも重要!
デザインつながりで

 2.ジャケ買いする

ちょっと慣れるまではハズレを引く可能性もあるかもしれませんが、装丁に
手の込んでいる本は、それだけ出版社側も力を入れてきている本という
証拠です。

CDなんかもジャケ買いすることあると思いますが、本も意外と使える技です。
 ※CDの半額くらいですから失敗したときの被害も小さいはず!?笑

■プチ立ち読み
それでも、やっぱり中身をしっかりと確認しておきたいという方もいるでしょう!
私は基本的には立ち読みはしない主義ですが、どうしても迷ったときは

 3.「あとがき」を読む

これだけ、することはあります。(基本、迷ったら買う!主義です。)

あとがきにはその本で伝えたかったことが凝縮されていますし、解説なんかは
評論家などが要約している場合もあります。場合によっては、そこだけで全体
が見えてしまい、買わなくて済むこともあります。

■プロの目利きに頼る
最後は本屋の店員さんの力を借りる、

 4.新刊エリアをハシゴする

です。

一店舗だけじゃダメですよ。大型書店は、同じチェーンでも店舗ごとに
新刊エリアに特色があります。ランキング形式もあれば、書店員イチオシや
フェアを併設していたり!もちろん、紹介されている新刊も全然違ったり
します。(一日200冊くらいの新刊が出ていますからね!)

プロが選んで並べている本をささっと見て上記の3つのあわせ技をすれば
かなり精度が上がるはずです。あとは、自分の感性に合うようにチューニング
してくださいね!

ちなみに、私はほぼ毎日どこかの本屋に足を踏み入れます。
時間のないときは5分くらいで4つの技を使って、自分のアンテナにひっかかる
本を探します。意外と新しい発見があったりするものです。

■次回の予告
毎日本屋に行けないですよね!
ということで、次回は「選書眼を養う 〜本屋以外編」です!


【バックナンバー】
はじめに 〜多読派? 少読派?
読書の心得1 〜本は買うべし
読書の心得2 〜記録すべし
読書タイムを作る方法1 〜スキマ時間編
読書タイムを作る方法2 〜意識的に作る編

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【読書論】 選書眼を養う 〜本屋編 旧 祖師谷の小さな本屋さん(移動しました)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる