旧 祖師谷の小さな本屋さん(移動しました)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ビジネス書】 ホット・セット/種田陽平

<<   作成日時 : 2009/07/14 08:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「映画美術の世界」

 キル・ビル Vol.1
 スワロウテイル
 不夜城
 冷静と情熱のあいだ
 フラガール
 THE有頂天ホテル
 
これらの映画に共通点があります。
全て種田陽平さんという方が美術監督を勤めています。

ホット・セット 種田陽平 美術監督作品集
種田陽平
メディアファクトリー
売り上げランキング: 83068


私は偶然にも全ての映画を観ていますが、今でも鮮明に
映画のワンシーンを覚えています。内容もインパクトがあった
のでしょうが、画として残っていることを考えると映画美術の
力も大きかったのでしょうね。

先日の「情熱大陸」で種田さんが紹介されるまで映画美術の
ことなんて全然分からず失礼ながら「大道具」くらいのイメージ
しかもっていませんでしたが、情熱大陸と著書を読んだら、
そんな生半可なものではない!ということを教えられました。

映画の可否を決めるくらい重要なことなのですね。
そして、映画の世界を影で支える人たちで成功している人の
共通点は台本を徹底的に読み込んで解釈を深めてそれを自分
の持ち場ではどのように表現するか!ということをストイックに
やっている人なのだと思います。
 ※ちなみに先日の「プロフェッショナル 〜仕事の流儀」で
  特殊メイクアップアーティスト 江川悦子さんが登場されて
  いましたがこの方も台本を徹底的に読まれるそうです。

映画好き必見の一冊です!

こんどう流 読書学 絶賛連載中!
  ・はじめに 〜多読派? 少読派?
  ・読書の心得1 〜本は買うべし
  ・読書の心得2 〜記録すべし
  ・読書タイムを作る方法1 〜スキマ時間編
  ・読書タイムを作る方法2 〜意識的に作る編
  ・選書眼を養う 〜本屋編
  ・選書眼を養う 〜本屋以外編  New!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【ビジネス書】 ホット・セット/種田陽平 旧 祖師谷の小さな本屋さん(移動しました)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる