旧 祖師谷の小さな本屋さん(移動しました)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【読書論】 選書眼を養う 〜本屋以外編

<<   作成日時 : 2009/07/06 08:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■本屋以外で本を探す
ちょっとご無沙汰してしまいました。

先週は仕事で久しぶりに徹夜作業!?さすがにこの年齢になると
徹夜の影響を引きずるようになります。。。笑 でも最近、めっきり
早起きが出来なくなっていたのに明確な目的があると起きられるもの
ですね。

ちなみに今朝は友人のカメラマンと普段は人通りが多い都内を
ゆっくりと撮影してきました。その様子は、こちらから!

さて、少し横道にそれましたが今回は前回に続いて「選書眼を養う」です。
本の情報が一番あるのは本屋。というのは当たり前ですが、毎日毎日
行けるわけないので、今回は本屋以外でアタリの本に出会うための方法です。

■新聞広告を侮ることなかれ
私が、本屋以外でアタリの新刊を探すために一番活用しているのが
新聞の図書広告です。

大体、各紙2面から4面くらいに図書関連の広告がまとまって掲載されてい
ます。新聞広告は一回数千万円と決して安くありません。つまり、掲載され
ている本は

 1.既に売れていてさらに売上を伸ばしたい
 2.大物著者の新刊
 3.出版社として力を入れているイチオシ本

と、既に何倍もの競争率を勝ち抜いてきたツワモノばかりです!
ということで、そもそもアタリの確立が高いのです。あとは直感を信じて
ください!

もちろん、心配な方は本屋に行って軽く中身を確かめてから買うことで勝率は
もっと上がると思いますが、ここはそんな面倒なことをせずに勝負してください。

■購入の手引き
購入までの流れはこうです。(まさに、こんどう流!)

 1.気になった本の題名をケータイからパソコンへメールする
  (おそらく通勤途中で読んでいる方が多いことでしょう。
   あとで買おう!と思っても90%忘れます。忘れないために!)

 2.Amazonで検索⇒購入
  (Amazon活用術はまた別の章で!)

簡単ですねえ。

新聞だけではなく、何か気になることがあって「あとで調べよう」と思っても
そもそも忘れてしまったり、記憶が曖昧になってお目当ての情報にたどり
つけない!なんてことよくあるはずです。

■ケータイメール活用術
そんなときは、「ケータイメール」が大活躍!
ほとんどの人がケータイだけは肌身離さず持っていますよね。気になったら
すぐメールしましょう!

私は、会社で打ち合わせをしているときも先方から

 「会社の資料送ってください!」

とお願いされたらすぐに会社のアドレス宛にケータイからメールしておきます。
そうすれば、絶対に忘れることないですよね。相手に仕事中にメールしてるよ
と思われるのでは?と気にする方は

 「忘れないように自分宛にメールしておきますね」

とメールしながら言えば、先方も納得するはずです!
メモしておけば大丈夫!と思っていても最近はメモをとっても読み返す人が
少ないのであまり意味がなかったりします!笑

ちなみに、ケータイメールは
 ・私用アドレス =行きたい所や気になる情報用
 ・会社アドレス =会社関連の情報用
の2つを使い分けると便利です。

■各紙の使い分け
新聞広告ですが、新聞社によって特徴がありますのでうまく使い分けて
ください。

 『ビジネス書を探したい!』 ⇒ 日本経済新聞/業界紙
 『文芸書を探したい!』 ⇒ 読売新聞/朝日新聞 など

そんなに新聞を購読していない?そりゃそうですよね。
我が家はすでに新聞の購読を止めてしまいましたが、会社でチェックして
います。(経費削減にもなります!)

経営のためにと新聞を取っている会社も多いはずです!
それと、これはちょっと勇気がいると思いますが同僚の新聞を5分拝借
する!新聞は行きの通勤時間で読んでいる人が多いので会社に着くと
ゴミ箱直行!なんて人も多いはずですから!

■次回の予告
本当は、もう少し本屋以外での本の見つけ方を書きたかったのですが
新聞広告だけでかなり長くなったので、今日はここまで!

次回は
 「選書眼を養う 〜本屋以外編 パート2」
です!

【バックナンバー】
はじめに 〜多読派? 少読派?
読書の心得1 〜本は買うべし
読書の心得2 〜記録すべし
読書タイムを作る方法1 〜スキマ時間編
読書タイムを作る方法2 〜意識的に作る編
選書眼を養う 〜本屋編

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【読書論】 選書眼を養う 〜本屋以外編 旧 祖師谷の小さな本屋さん(移動しました)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる